TOCOHA ONLINE SHOP

No. TCH_KM_002

望(オブジェ)

  • 受注生産商品
線で手を大胆に表現したオブジェです。鉄板の生産時にできる酸化皮膜を残しながら、彫り技法によって一本ずつ線を彫っていき、彫り痕と酸化皮膜のコントラストを活かして制作しました。手によって鉄へと刻まれたきらめく線は、肉体の中を走るような感覚を持たせております。
¥108,000
  • ※全商品送料無料です。
  • ※支払い方法や配送方法については、こちらをご確認ください。
  • ※返品交換については、こちらをご確認ください。

Spec Information

Material : Steel(鉄)
Size : 高さ300 × 幅400 × 奥行き30mm

【商品のお届け期間】
受注生産商品となりますので、ご注文確定後30日ほどお時間をいただいております。
※発送予定日が定休日の場合、翌営業日の発送となります。
※希に在庫がある場合は、7営業日以内に発送させていただきます。

【ご購入の際の注意点】
・素材に鉄を使用しているため、保管、展示状態によって、表面に錆が出ることがありますので予めご了承ください。
・作品ごとに色味・サイズ・形状がわずかに異なります。一点ものとしてご理解ください。
・価格・仕様等については、予告なく変更する場合がございます。そのため、商品画像と仕様が若干異なる場合もございます。
・お客様の閲覧環境によって、実際の色味とは多少異なることがございます。
  • 工業製品などで多く使われている資材である鉄は、硬い・重い・冷たいなどのネガティブなイメージがありますが、実は日常無くてはならない、我々の生活を支える重要なものであると考えます。その哲学こそが創造意欲を掻き立てる重要な存在なのです。

  • 鉄板は通常、熱間圧延された状態で酸化皮膜を帯びております。その生まれたままのマテリアルに、鏨(たがね)をハンマーで叩きながら彫り進めます。脳裏に描くモチーフを思いのままに線で描きます。集中力を切らさず失敗が許されない仕事です。

  • 東京芸術大学工芸科を卒業後、伝統的な彫金技法を用いて現代工芸作家として活動。特に金属板に「鏨」という刃で文様を彫刻していく「彫り」の技法に特化した作品で知られる。扱うモチーフには”煙” ”狼” ”髑髏”など、型にとらわれない現代風の表現でアートと伝統工芸の融合を試みる。近年では自転車好きの経験を活かしロードバイクのパーツなどに彫りを施した新しい作品も展開中。 >> 商品一覧はこちら

望(オブジェ) 望(オブジェ) 線で手を大胆に表現したオブジェです。鉄板の生産時にできる酸化皮膜を残しながら、彫り技法によって一本ずつ線を彫っていき、彫り痕と酸化皮膜のコントラストを活かして制作しました。手によって鉄へと刻まれたきらめく線は、肉体の中を走るような感覚を持たせております。 108,000