40代になると起こる体の不調

 

年齢を重ねるごとに、体の衰えを躊躇に身にしみることがあります。

 

顔も体も一気に老けこんだと、日々の生活の中で元気な時が少ないと感じる方も多いでしょう。ベッドからすぐに起き上がれないし、朝から活力がないまま、1日があっという間に終わったしまったことはありませんか?

 

年をとると、一日が短くて、一年二年が束になって過ぎていくのが実感できます。

 

若い時には少しの休息で復活できたはずなのに、40代を過ぎると、寝ても疲れが取れないのは何故でしょう?

 

それはあなたの体の中で、年齢とともに変化が起きているからです。

 

その原因を探るべく、いくつか当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

 

40代の体の不調は血行不良が引き起こす冷え性が原因?

体温調節がうまくできずに、この夏はクーラーのリモコンを手放すことが出来なかった方も多いのではないでしょうか?

 

周囲の人と体感温度が違うことで、我慢を強いられる場面もあります。足先が冷えるからといって、その部分だけ温めることが根本的な解決にはならない場合もあります。

 

今後到来する冬の季節に備えて、体の冷えが気になる方々は、まず血行不良であることを自覚しなくてはなりません。疲れが取れないまま1日が過ぎるのは、血液の流れが関係している可能性があります。

 

全てを年齢のせいにしたり、元々の体質だからといって諦めることはありません。簡単に始められる40代からの冷え性対策について、紹介していきます。

 

どんな症状が冷え性と言われるの?

一般的には手先や足先が冷たいといった症状から、深刻化すると睡眠の妨げにもなることがあります。

 

40代こそ維持しておきたい肌の状態を悪化させてしまうこともあります。具体的には、握手した時に相手の暖かさを実感することでわかります。

 

それだけ温度差があるということは、きっとお相手の方は冷たいと感じていることでしょう。また就寝時に、なかなか寝付けないことも冷え性の症状に当てはまります。

 

体は疲れているのにどうして?と感じますね。

 

深く眠れない為に質の良い睡眠がとれず、一日中寝たり、ダラダラと過ごすといったことはないですか?実はそういった症状を冷え性と気づかずに、そのままにして過ごしている方も多いのです。

 

冷え性の原因とは?様々な要因が潜んでいた!

冷え症は血流の流れが滞っていることで、様々な症状を引き起こします。冷えを感じるのは、体全体に血液がうまく循環せず、体の内部で逆流する現象がおきています。

 

同じ姿勢でスマホを長時間見ていたり、デスクワークが多い方は特に気をつける必要があります。立ち仕事でも同じ姿勢でいることがありますが、基本的にデスクワークと違う点は筋肉の量です。

 

筋肉の量が少ないことが、自力で体を暖める機能を低下させるのです。冷え性は年齢のせいではなく、運動量が不足しがちな方に多いのです。

 

40代を迎えても、適度に運動をしている方は冷え性を改善できる可能性があるのです。急にガックリ体力がなくなると感じていた方は、筋肉の衰えが関係していたんですね。

 

その他には普段の食生活が、冷え性や疲れが取れないことと関係していることがあります。いくつかの原因が潜んでいたことを理解した上で、気をつけるべき対策や対処法を実践してみましょう。

 

簡単に始められて、継続していける冷え性・疲れ対策とは?

仕事上、同じ姿勢を余儀なくされる方や休みを取れない方の場合はどのように改善できるかと思いますね。特にフルタイムの方こそ拘束時間が長い為に、体が重い感覚といつもだるいと感じているのではないでしょうか?

 

家に帰ると座る間もなく、夕飯の支度に追われて、疲れを癒す時間も、ままならないですよね。休みの日は頭がスッキリしないまま、蓄積した疲れがどっと押し寄せてきます。

 

これではせっかくのお休みも、楽しいことさえできる気力もなくなることで気分も沈みがちになってしまいます。

 

常に疲労感を感じている方が、簡単に改善できる冷え性や疲れを取る方法はないのでしょうか?

 

それは、ちょっとした合間にぎゅーとツボを押すだけで、だいぶ楽になるでしょう。ふくらはぎの裏側には、血流をよくするツボが集まっています。足元から体上部にむけて押すだけでも、だいぶスッキリするはずです。

 

特に忙しい方は、意識して足先を上下に動かすだけでも症状が軽く感じるはずです。仕事中に感じた血行不良は、業務をこなしながら緩和させることができるのです。

 

40代は摂取する食材にもこだわるべき!インナーケアの極意とは?

さらに普段の食事で、ちょっと意識するだけで症状を改善できる場合もあります。

 

よく胃腸と血行不良が関連づけられる理由には、過度な食事の摂取は血流を悪くしてしまうことがあるからです。血液が胃に集中し、末端の方まで循環しなくなってしまいます。

 

体を温める食材も重要ですが、適度な食事量も冷え性に関係しています。どうしても食べ過ぎてしまうことがある方は、食前に白湯を飲むと良いでしょう。

 

何もしないのに、体の疲れがとれない方にお勧めの食材は、スタミナをつけるために鉄分を積極的に取るようにしましょう。鉄分は体全体に血液中の酸素を運ぶために、重要な働きがあります。

 

鉄分不足が引き起こす症状のひとつに血行不良が当てはまります。鉄分と聞くとほうれん草やレバーのイメージがありますが、干しひじきに多く含まれています。

 

ひじきは副菜としても、主食のご飯に混ぜて摂取出来る気軽さがあります。水に戻す手間がちょっという方は、冷凍保存できますので、日々の食事に取り入れてみましょう。

 

活力エネルギーの重要な栄養素として、ビタミンB1も有効です。糖質をエネルギーに変化させて、疲労回復につながるからです。今の季節であれば、かぼちゃやブロッコリーなどもお勧めです。

 

忙しくて食事に取り入れることができない日は、ピーナッツでビタミンB1を摂取することもできます。

 

まとめ

このように、日々の生活の中で意識することで慢性的に体の疲れを感じてい方も症状が改善できるのです。もし当てはまる症状があれば、姿勢を正してみたり、食事について見直してみるいい機会になります。

 

症状を軽くみて、そのままにしないことが重要です。

 

とにかく好きなことをする事と、しっかりと休みを取るといったメリハリのある生活が、私のリフレッシュ法です。自分の体を知ることで、何歳になっても、どんな季節でも健康的に過ごすことができるのです。